2016年06月27日
水素水ってどない? 其の24『水素水ピーーーーンチ!!??』

 

こんにちは、水素バカ、林賢司です!

何度も書いてますけど、最近の水素水のネームバリューって相当スゴイんです。そんな中、また否定的な記事が出ましたね…正直キリがないんですが、今日の水素バカは、ひと味違います。

 

肯定的な部分抜きで、中立的に書きます!

IMG_4249

 

✅『水素水ピーーーーンチ!!!!』

 

それでは、まず今回の記事『水素水に「有効データ見当たらない」国立研究所「発表」が論争にピリオド?』

http://www.j-cast.com/2016/06/22270406.html?p=all

 

今回、アナタに注目して欲しいキーワードは2点

 

『国立健康・栄養研究所のホームページ内容ということ』

 

『水素水は安全性も、信頼できる十分なデータが見当たらなかったということ』

 

となると、この記事の元ネタ『国立健康・栄養研究所のホームページ内容』を確認すべきです↓

http://hfnet.nih.go.jp/contents/detail3259.html

 

どうやら『危険情報』の項目が、記事の中で特に取り上げられているようです。確かに、この内容だけ読んでいると、とっても

 

否定的な感じ

 

何てったって

 

国立やし!!

 

今回ばかりは水素バカ、いや、

 

水素水ピーーーーンチ!!!!

 

 

✅『真実の情報って…』

 

実は、この国立健康・栄養研究所のホームページ内容には、さらに

 

英文の元ネタあり!

 

試しに『危険情報』にある (PMID:20216947)のリンクをクリック!余談ですが、PMIDのPMとは”Pub Med”の略。そして”Pub Med”とは

 

『アメリカ国立医学図書館の国立生物工学情報センターが運営する医学・生物学分野の学術文献検索サービス』

https://ja.wikipedia.org/wiki/PubMed

 

要は

 

とっても権威があるデータベース

 

てことで先ほどのリンク先の真ん中辺に、さらに”Free text”のリンクをクリックしてみます。メンドクサイ人はコチラから↓

http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC2831093/

 

はい、英文がズラリ…

 

嫌んなっちゃう… 全文読んでたら頭痛くなるんで、さっきの『危険情報』を探します。

 

“Adverse events”(有害事象)という項目

 

ここが引用されてるっぽい↓

“A total of 28 adverse events were experienced by 13 of the 20 subjects 〜(中略)〜and headache (1 subject). These adverse events having “possible” relationship to the test article were classified as mild in intensity. There were no serious adverse events which occurred during the study.”

 

う〜ん、難しい… よし!

 

Google先生、カモーン!!

 

先生の翻訳がコレ↓

『28有害事象の合計は、研究に登録被験者20人( 65.0パーセント)の13が経験しました。全体として、 4被験者( 20.0% )が経験6有害事象は、試験品の可能な関係を有すると治験責任医師によって評価しました。これらの有害事象は、軟便( 3科目) 、排便( 1対象)胸焼け( 1対象) 、および頭痛( 1対象)の頻度の増加が含まれています。試験物品を「可能」関係を有するこれらの有害事象は、強度の軽度に分類されました。試験中に発生した重篤な有害事象はなかったです。』

 

片言やね… でも何となく意味はわかる。こちらが、日本語の『国立健康・栄養研究所』の文章↓

『メタボリック症候群のリスクを1つ以上持つ男女20名 (平均50.8±9.6歳、カナダ) を対象としたオープンラベル試験において、マグネシウムスティックにより水素を発生させた水素水 (水素分子0.55~0.65 mM含有) を1.5~2 L/日、8週間摂取させたところ、13名 (65.0%) が体調不良を経験し、このうち4名 (20.0%) の体調不良 (軟便、消化管過活動、胸焼け、頭痛) に関して、水素水摂取との因果関係は”possible”と判断された』

 

ん?何やこの違和感は…?

 

『国立健康・栄養研究所』のホームページに掲載文

 

『体調不良 (軟便、消化管過活動、胸焼け、頭痛) に関して、水素水摂取との因果関係は”possible”と判断された』

 

 

原文の翻訳文

 

『軟便 、排便、胸焼け 、および頭痛の頻度の増加が含まれています。試験物品を「可能」関係を有するこれらの有害事象は、強度の軽度に分類されました。試験中に発生した重篤な有害事象はなかったです。

 

文章足りなくない??

 

これら強度の軽度に分類されました。試験中に発生した重篤な有害事象はなかったです

 

この文章が丸々抜け落ちてる!この一文があるだけで、随分印象が変わるのになぁ、う〜む… 意図的に削除したかは不明ですが、この文章が抜けた内容を記事にすれば

 

そりゃ否定的になるわぁ〜

 

え〜っと、ひと言だけ。水素バカ如きでもネット検索で、これぐらいできます。記者さんには、原文に一度は目を通して欲しいって思うのは

 

ワガママ?

 

まとめます。今日の英語の原文に”Abstract”=『概要』があります (PMID:20216947)。その中にも”In conclusion”=『結論・まとめ』があります。

“In conclusion, drinking hydrogen rich water represents a potentially novel therapeutic and preventive strategy for metabolic syndrome. The portable magnesium stick was a safe, easy and effective method of delivering hydrogen rich water for daily consumption by participants in the study.

 

先生、カモンアゲーン!!

 

『結論として、水素の豊富な水を飲むことは、メタボリックシンドロームのための潜在的に新規な治療および予防戦略を表します。ポータブルマグネシウムスティックは、研究に参加することにより、毎日の消費のため水素の豊富な水を提供する、安全で簡単かつ効果的な方法でした。

 

こんなん出ましたけど…僕は今回、一切の手心を加えてませんが

 

肯定的な内容にしか見えましぇーん!

 

『概要』って、そもそも

 

内容のまとめ

 

それが肯定的なのに、全文に否定的な内容が書いてあるとは、到底思えないんですよね…でもね、水素バカは、こう思います。記事の内容も、国立健康・栄養研究所の内容も、今日、水素バカが取り上げた内容も

 

全部、真実!

 

モノには調べ方があって、都合のエエように

 

編集できてしまうってこと!

 

どの真実を信用するかのご判断は

 

アナタにおまかせします( ̄^ ̄)ゞ

 

今日も最後まで、『水素バカ』のブログを読んでくれはったアナタへ

 

「おおきに!」

 

これからも

 

 僕の本音

を書いていきます。チョットだけでも

 

みんなの明日の元気の『みなもと』

にななりますよーに^_^

 

今日はここまで。
ほなまた次回!

LINEで送る
Pocket

profile_title.png
profile_topside.png
林 健司(はやしけんじ)
経歴
株式会社ウォーター・インスティーチュート 代表取締役
司会・パーソナリティー・ナレーター
インターナショナル・パシフィック大学 国際英語学科卒
健康管理士
兵庫県西宮市出身
兵庫県宝塚市在住
newpost_title.png
2019年01月28日

  まいど、水素ニスト 林健司です! 『最強水素水はじ…

2018年12月13日

  まいど、水素ニスト 林健司です! 前回のブログから…

2018年09月27日

  まいど、水素ニスト 林健司です💧 …

2018年06月25日

  まいど、水素ニスト 林健司です! 前回の話の続き。…

2018年06月21日

  まいど、水素ニスト 林健司です! 社長になって5年…

2018年06月06日

  まいど、林健司です! 自分のことを『水素バカ』と名…

archive_title.png
category_title.png
page_top.png